子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションを購入して10年.夫と息子2人(1歳と3歳)の4人家族で住んでいます.

春を告げるアオモジ

先日、可愛らしい枝ものを見つけました.

 

アオモジ

という名前の花木です.

 

黄緑色の小さな実がぎっしりついている姿が可愛らしくて、

一目惚れして購入しました.

f:id:cotosumu:20190212215620j:plain

アオモジ

帰ってきてから気付いたのですが、

花が咲いてる!

 

小さな実ではなくて、すべて蕾だったようです.

 

葉付き実付きの枝ものが好きなので、

少しあれれ…と思いましたが、

よく見ると白いお花も可愛らしくて、

たまにはこういうのもいいかな.

 

アオモジ…

 

初めて見たので調べてみると、

開花時期が卒業式の頃なので、「卒業花」とも呼ばれるようです.

 

さらに、蕾をつぶすと、爽やかな香りがするらしく、

 

早速つぶして、クンクン…

確かに柑橘系?シトラスのような香りがする!

 

これには夫も、

咲く前に全部つぶして嗅いでしまいそうだ、

と好評のいい香りです.

 

でも、なぜ名前が

アオモジ(青文字)?

 

クロモジ(黒文字)に対して幹が青いので、

アオモジ(青文字)と名付けられたようです.

f:id:cotosumu:20190212232429j:plain

アオモジの枝



青というより、緑っぽいけれど、

クロモジはもっと黒いってことなのかな?

 

そもそもクロモジもあるんだ.

 

クロモジは、

「樹皮に特有の香りがあり、

樹皮を残したクロモジの材で作られた爪楊枝は

高級品として和菓子に使われている」

 

お抹茶をいただく時に、よく見かける爪楊枝ですね.

 

しかも、

使う前に水に浸けておくと、

クロモジ特有の香りもプラスしておもてなしができるとか.

 

千利休は、その場で枝を削っておもてなししたようです.

 

他にも、なるほどな豆知識がありましたが、

長くなりそうなのでこの辺で…

 

何気なく購入したアオモジから、新しい発見がありました.

 

最後に、

f:id:cotosumu:20190212233106j:plain

アオモジとリンゴと…

リンゴとアオモジを撮ろうとしたら、

長男が被写体に映り込んできました…

 

いつも別室で遊んでいる隙を狙って、

写真を撮ろうとするのですが、

家事の音が止まると、

「なにしてるの~?」

と、すかさずチェックしにくる息子たち.

 

ちなみにテーブルの上に置いてある箱は、

息子用の手作りカメラ(笑)

 

私がカメラを持っていると、まねしてこれを持ってきます…

 

1LDKの小さな家では、

子供たちが映り込まずに撮影するのは難しいですね…

 

これがありのままの日常なので、仕方ないのですが.

 

子供が映り込んでいない写真は、

だいたい子供たちが昼寝している間に、

様子を確認しながら、静か~に撮っています.

 

起きた時に、隣に居ないと泣いてしまう次男.

 

泣き声で長男まで起きてしまうと困るので、

少しでも怪しい動きがあると、

すばやく布団に潜り込み、ずっと添い寝してましたよ!

風を装いつつ、寝たふりをするのが日課です.

 

そして夜、

子供たちが寝静まった後に、このブログを書いています.

 

途中、子供から呼び出しがあり、

中断しながらも、少しずつブログを書いている状態ですが、

それでも、

このブログはいい気分転換になっています.

 

ほぼ小さな家のことと、

子供のことがメインのブログですが、

ご興味がありましたら、

たまにでも覗きに来ていただけたら嬉しいです.

 

codomotosumu1ldk.hatenablog.com