子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションを購入して10年.夫と息子2人(1歳と3歳)の4人家族で住んでいます.

絵本の修正テープは3つを使い分け

わが家の息子たちは絵本が大好き.

 

しかし、よく破ける…

 

 

理由は、

 

・0歳、1歳の子供は絵本を破く、噛む、くしゃくしゃにする.

 ・兄弟で絵本の取り合いによる破損.

 ・見すぎてボロボロ.

 ・悪気のないアクシデント.

 

などです.

 

そんなわけで、

わが家では修正テープの出番がとても多い…

 

さて、

わが家で使っている、

絵本の修正テープは3種類ありまして、

本の種類によって使い分けています.

 

 

f:id:cotosumu:20190220225906j:plain

 

ニチバン カバーフィルム

②フィルムルックス ペーパーエイド

③住化プラステック 絵本強力補修テープ

 

 

 まずは、

 

ニチバン カバーフィルム

 

図書館の本は、透明なブックカバーがしてあります.

あれと一緒です.

 

本が傷む前に、

カバーフィルムを貼って、キレイを保つために使っています.

 

しかし、

全部の絵本に貼るわけではなく、

福音館書店から毎月出版されている、

月刊誌のみに貼っています.

 

わが家では定期購読はしていないですが、

毎月、書店で一通り目を通してから、

厳選して購入しています.

(毎月、幼児向けから保護者向けまでの8冊が出版されています)

 

なので、

購入しない月もあれば、3冊ほど購入する月もあります.

(子供たちにはまだ早い内容でも、後々購入することができないので、気に入った絵本は購入しています)

 

この月刊誌の良いところは、

薄いソフトカバーで、低価格なところ.

 

月刊誌が2冊で、一般的な絵本の約1冊分の厚みです.

そして価格は、420円!(幼児向けシリーズ)

 

絵本が多いわが家には、

もってこいの月刊誌なわけですが、

 

このソフトカバーが、

0・1歳児にボロボロにされるんです・・・

 

f:id:cotosumu:20190220234428j:plain

 

表紙がボロボロです…

 

これは、カバーフィルムを貼らずに、

数ヶ月読み倒した月刊誌の状態です.

 

こんなことをするのは次男(当時0歳)なのですが、

購入したその日に、

表紙をクシャクシャにされることもあり、

私と長男もショックで、

なにか対策をしなければと、

このカバーフィルムを貼ることにしました.

 

カバーフィルムを貼ることで、

噛まれても破れず、

強度も増すので、

多少クシャクシャにされても、

折れ線がつきにくくなり、効果てきめん!

 

そしてなぜか、

次男があまりクシャクシャにすることがなくなったのです.

 

硬くなったからかな?

 

なので、

月初めの私の仕事は、

このカバーフィルム貼り!

 

比較的簡単に貼れるけれど、

3冊も購入した月は、結構めんどくさい…

 

では、

写真で貼り方をご説明します.

(簡略なので、こんな感じという貼り方のイメージ程度で見てください)

 

 

まずは、カットサイズを決める.(四方2・3cm位大きめで印をつける)

 

f:id:cotosumu:20190221000549j:plain

 

カバーフィルムをカット.

 

f:id:cotosumu:20190221000557j:plain

 

サイズオーバーの部分だけ剥離紙を剥がして、

布などで、表紙の端から気泡が入らないように貼っていく.

 

f:id:cotosumu:20190221000604j:plain

 

裏も同様に貼っていき、

四隅をカットして、

内側に折り返して、

完成!

(この間の写真がなくてすみません)

 

f:id:cotosumu:20190221000613j:plain

 

表紙裏の四隅はこんな感じです.

見えにくいけど、見えるかな?

 

f:id:cotosumu:20190221000620j:plain

 

 

最後に、

マスキンテープで、カテゴリー分けしておしまい.

 

f:id:cotosumu:20190221000627j:plain

 

ちょっと面倒な作業に見えますが、

慣れると簡単です.

 

貼り直しができるフィルムなので、

少したわんでしまっても大丈夫.

 

 

次は、

 

フィルムルックス ペーパーエイド

 

絵本が破れたら、これを貼ります.

 

f:id:cotosumu:20190221135739j:plain

 

このテープの良いところは、

薄くマットな質感.

 

本の質感を損なわずに、

テープが目立ちにくいのです.

 

f:id:cotosumu:20190221135759j:plain

 

こんな感じで、

テープを貼ったところがわかりづらいです.

 

光沢のある修正テープを貼ると、

逆に悪目立ちしてしまうし、

せっかく色彩がきれいな絵本も台無しになるので、

このマットな修正テープを使っています.

 

しかし、このテープの難点は

少し貼りにくいところと、

強力ではないので、破れ方により適さない場合もあります.

 

貼り直しがきかないので、

丁寧に貼らないとシワシワのままになるので、

広範囲の時は慎重に.

 

 

次は、

 

住化プラステック 絵本強力補修テープ

 

これは、図鑑専用の修正テープです.

 

f:id:cotosumu:20190221141122j:plain

 

このテープは、

光沢はあるものの強度があります.

 

息子たちは図鑑が大好きで、

同じ図鑑をほぼ毎日見ています.

 

見すぎてボロボロなんです…

 

f:id:cotosumu:20190221140523j:plain

 

損傷がひどい…

 

ページが外れそうな箇所がいくつもあって、

外れる前にテープで補強するのですが、

貼っても破れます…

 

上の写真はテープを2回貼って、

2回目も破れました.

 

下手したら、

全ページにテープを貼っているんじゃないかと思うほど…

 

強力テープでも歯が立たない状態なので、

光沢が気になるなんて言ってられません.

 

でも、息子たちは悪気はなく、

まだページのめくり方がつたないので

こんな状態になってしまうのですが、

毎日手に取り、ボロボロになるまで見尽くされたら、

図鑑にとっても本望なのかな…

 

ちなみ、

カバーフィルムを貼ったところ、

強力テープよりも強度があって良さそうでした.

 

あまりにひどいところは、

カバーフィルムでもいいかも.

 

ほかに修正用のボンドもあるようなのですが、

強度はどうなんでしょうか?

 

 

修正テープ代に、

いくらかかっているんだろう…(苦笑)