子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

リビングを泳ぐクジラとかもめ食堂のつながり

わが家のリビングに飾ってある、

このクジラ.

 

f:id:cotosumu:20190223222756j:plain

 

「クジラさん良いですね」

 

と、先日コメントをいただきまして、

とても嬉しかったので、

このクジラのお話をします.

 

じつはこれ、手ぬぐいです.

 

牧野伊三夫(まきの いさお)

という画家さんが描いています.

 

牧野伊三夫さんと、

CLASKA Gallery & Shop "DO"のコラボ企画?商品のようです.

(すみません、あまり覚えてないです…)

 

CLASKAのオンラインショップで見つけました.

(現在は商品がなくなっていました)

 

藍色がとてもきれいで、

可愛らしいけれど、

大人の空間にも、子供の空間にもどちらにも合いそうと思って

 

f:id:cotosumu:20190211222355j:plain

 

藍色の水彩画?なのかな?

絵の技法とかわからないですが、

そもそも藍色ではないかもしれないけれど…

この色がとても気に入りました.

 

夜空のような宇宙のようにも見える藍色で、

その中を夢見心地で泳いでいるようなクジラ…

 

私にはそんなふうに見えたけれど、

様々な捉え方ができる何とも言えないクジラの表情…

 

コンセプトが気になる…

 

ところで、

わが家のインテリアは、

白をベースに、

ナチュラルな木の家具を置き、 

小物で色のアクセントを入れています.

 

なので、この藍色のクジラがいいアクセントになっています.

 

本当は、無彩色でシンプルな絵が好きだけれど、

子供のいる空間には色を入れてあげたいと思っているので、

小物で子供テイストを加えるようにしています.

 

話は戻り、

 

誰が描いたかもわからずに購入した手ぬぐいですが、

クジラの横に

 

”伊三夫” 

 

と描いてあったので調べたところ、

牧野伊三夫さんという画家であることがわかりました.

 

雑誌「暮らしの手帳」「dancyu」の表紙や挿絵、

かもめ食堂」小説のイラストなどを手掛けていらっしゃる方でした.

 

 

 

f:id:cotosumu:20190223233813j:plain


これです.

 

カバーはだいたい捨ててしまうのですが、

このかもめの絵が好きで、

カバーを外さずに保管していました.

 

なので、

この人が描いていたんだ!

と、びっくり.

 

f:id:cotosumu:20190223233831j:plain

 

f:id:cotosumu:20190223233852j:plain

 

挿絵もかわいい!

 

クジラから、

かもめ食堂にたどり着くという、

偶然のつながりに感動したのでした.

 

 

ちなみに、

私の文庫本はある程度厳選した数冊だけを残しています.

 

写真には写っていませんが、

本の後ろに隠れています.

 

本棚の奥行きが深いので、

仕切り板と本を前揃えに合わせるための調整用として、

残した文庫本を活用しています.

 

 

www.claskashop.com


手ぬぐいの取り扱いは終了しているみたいですが、

この豆だるまも可愛らしい~