子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

馬毛の歯ブラシ

先日、百貨店の出店販売会で見つけた馬毛の歯ブラシ。

 

平野刷毛の馬毛歯ブラシ

 

平野刷毛製作所の馬毛歯ブラシ。

 

「私、3ヶ月使っていますよ」

 この言葉に釣られて、購入した馬毛の歯ブラシです。

 

わが家では、大人がタフト24、子供はタフト17の歯ブラシを使っています。

 

交換頻度は、大人は大体3週間、子供は噛んで広がりやすいので大体2週間。

 

タフトシリーズは、毛のかたさやヘッドの大きさがちょうどよく、毛も広がりにくいので気に入って使っています。

替える気はなかったのですが、たまたま見つけた、馬毛の歯ブラシに目が留まりました。

 

職人さん「私、3ヶ月使っていますよ」

私   「えっ!? 3ヶ月ですか!?」

 

びっくりしました。

 

 馬毛の歯ブラシとは、

歯と歯茎にやさしい天然毛歯ブラシ.

馬毛・豚毛の適度な弾力でしっかりとした使い心地.

毛コシがあってもいたくないので、歯茎をやさしくマッサージできます.かたい化学繊維と異なり、毛そのものが摩耗する天然毛は、歯と歯茎を傷めにくいので、安心してご使用いただけます.

毛先が広がりにくく丈夫で長持ち.

やさしく力持ちな歯ブラシです.

天然毛は私たちの髪と同様にたんぱく質で作られています.

髄質、皮質、毛表皮からなる三重構造になっており、単一構造の化学繊維と違って復元力があるのです.

(ブラシの平野パンフレットから引用)

 

その職人さん曰く、

天然毛の歯ブラシは毛自体が摩耗するため、 歯のエナメル質や歯茎を傷めることがなく、使うほど毛が短くなっていき、自分の歯にフィットしてくる.復元力があるので毛も広がりにくいとのこと。

 

なんだかメリットばかり♩

 

私が購入した歯ブラシのお値段は、ハイブリッド(ふつう)タイプが400円+税。

子供用が350円+税。

 

わが家が使っている歯ブラシは、タフト24(10本セット)は1248円(1本あたり約125円)、タフト17は120円。

 

歯ブラシにしては高いけれど、3ヶ月もつのであれば、むしろ安い。

わが家の交換頻度と比較して。ただし、個人差があるので1ヶ月で交換する人もいるそうです。

 

歯にやさしいうえに、コスパもいい。

交換する手間も減って、ストックも少なくていい。

 

試しに使ってみることにしました。

ちなみに、ネット通販だと10本セット売りになり、結構な金額になるので、またこちらに買いに来てくださいと言われました。各地の百貨店で、2ヶ月おきに定期的に出店販売会を行っているとのこと。

 

 

今回購入したのは、大人用にハイブリット(ふつう)2本、子供用を1本(長男用)。

 

早速、わが家のタフトシリーズと比較してみました。

 

馬毛歯ブラシハイブリットとタフト24の比較

 

上が、平野刷毛の馬毛歯ブラシ(ハイブリットタイプ)

下が、タフト24(Sタイプ)

 

タフトのほうが、若干長くてハンドルが厚い。

 

ヘッドは、

馬毛は、太くて短い(刷毛4列)

タフトは、スリムで長い(刷毛3列)

 

馬毛歯ブラシハイブリットとタフト24のヘッド比較

 

刷毛の長さは、馬毛のほうが若干長い。

  

次は、子供用。

 

馬毛歯ブラシ子供用とタフト17の比較

 

上が、平野刷毛の馬毛歯ブラシ(子供用)

下が、タフト17(Mタイプ)

 

馬毛のほうが、若干長い。

ヘッドは、どちらも刷毛が3列ですが、馬毛のほうが長い。

 

馬毛歯ブラシ子供用とタフト17のヘッド比較

 

刷毛の長さは、馬毛のほうが長い。

 

使用した感想は、

毛にコシがあるので、一瞬硬く感じましたが、徐々にしなやかになっていきました。

ヘッドが大きく、毛も多いので、ゴシゴシとしっかり磨かれている感じがするけれど、歯茎への負担が軽いように感じます。

ハンドルは、タフトのほうが厚めなので握りやすいかな?

 

子供(3歳)は、大人と同じ歯ブラシが嬉しかったようで喜んで磨いています^^

毛は大人用より柔らかくて、タフト17よりも若干柔らかい感じがします。

噛んですぐに広がってしまうので、馬毛の復元力に期待したいところです♩

 

ちなみに夫は、

夫「目をつぶったらわかんない」

聞いて損しました^^;

 

もう一度聞きなおすと、

夫「ヘッドが大きくなったから時短になる」

とのこと。

うん、確かに。ってそこ!?つくづく夫らしい返答^^;

 

まだ使用して数日ですが、今のところは良さそう。

使うほどに自分の歯に馴染むという、刷毛の変化が楽しみ♩

 

 

追記

現在は、かなや刷子の馬毛歯ブラシを使っています。

Amazon かなや刷子 馬毛歯ブラシ小(3本入り)

 

かなや刷子の馬毛歯ブラシ

歯ブラシホルダー

壁に歯ブラシホルダーを掛けています。

 

壁掛け歯磨きホルダー

 

以前は、歯ブラシスタンドを使っていましたが、掃除が面倒で、水が溜まるのが嫌だったので壁掛けにしました。

これは、セリアで購入した歯ブラシホルダー。

ワイヤーが歪んでるけど^^;

おかげで、掃除がとっても楽ちん♩

 

もともと吸盤がついていたのですが、子供が取りやすいように壁につけたかったので、吸盤を外して、フックにかけています。

フックはよくあるU型フックだと外れやすいので、外れにくくするために、クの字型の天井用のフックを使っています。

 

壁掛け歯磨きホルダーの取付に天井用クの字フック

 

日軽産業Jフック・セミトライアングル(石膏ボード用)

 

これなら、外れにくくグラつきもないのでストレスフリー。

息子たちも簡単に外せないので、おもちゃにされずに済みます^^

 

www.amazon.co.jp

 

追記

子どもが成長して奥まで手が届くようになったので、歯ブラシホルダーを替えました。

 

洗面化粧台の歯ブラシ収納

 

歯ブラシホルダーなどのフック類は突っ張り棒に掛けています。

三面鏡の下に間接照明が入っているので設置方法に悩みましたが、現状で落ち着きました。

あからさまに見える位置には突っ張り棒を使いたくないけれど、見えにくいから許容範囲内♩

KARARA歯ブラシステンレスフック Amazon

この歯ブラシフックはとてもシンプルでいいんだけど、子ども用が掛けられなかったので、ペンチで幅を変えて、子ども用の歯ブラシも掛けられるようにしました。

さらに、フックがグラグラ揺れると子どもでは引っ掛けにくいので、突っ張り棒とフックを白のビニールテープで固定しています。

見た目はあれだけど、あまり見えないのでそれほど気にならず。

 

\ 洗面化粧台の掃除方法 / 

www.codomotosumu1ldk.com