子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

赤ちゃんが泣き止む?ベッドメリーにもインテリアにもなる育児アイテム

先日、幼稚園の親子遠足がありました。

 

柄にもなくキャラ弁とまではいかないけれど、

長男が喜びそうなお弁当を作ってあげようと、

お弁当ネタを考えながら楽しみにしていました。

 

が、

長男が風邪をひいてしまったため、

残念ながら欠席です。

 

こればかりはしょうがない。

 

来年リベンジできるといいね♩

 

それにしても、

まだ5月なのにここ数日とても暑かったですね。

 

長男に続き、

私と次男も風邪でダウンし、

真夏のような週末は家で涼みながら寝て過ごしました。

 

風邪を引いても喉が痛くなるだけで終わることが多いのですが、

今回は珍しく熱を出してしまい、

発熱に慣れていない体がびっくりしていました。

 

顔が痛くて…

 

痛みを和らげるために、

顔中に熱冷シートを貼っていたら、

夫に笑われました。

 

ピークはちょうど日曜日で、

夫が家に居てくれたので、

リビングに布団を敷いて、

天井をボーっと眺めていると、

 

天井のバルーンモビール

 

ゆらゆらと不規則な動きをするモビール。

 

癒されます。

 

子供たちがお昼寝する時は、

リビングに布団を敷くのですが、

その真上にモビールを吊るしています。

ダウンライトの電球を外してモビールを吊るしています。寝転んだ時に眩しいのと、部屋全体を明るくする必要はないので、所々ダウンライトの電球を外しています。

 

Flensted MobilesのBalloon 5

 

これは長男を出産する時に、

ベッドメリー代わりに買ったバルーンモビール。

 

フランステッドバルーンモビール

 

Flensted Mobiles(フランステッド モビール)

「Balloon5」

size:w650mm / h500mm

3つタイプもあります.size:W450mm / H380mm

 

赤ちゃんでも認識しやすいはっきりした色のモビールを探していたところ、Flensted MobilesのBalloon5を見つけました。

 

Flensted Mobilesのなかでも、

1番人気がこのバルーンモビールのようなので、

インテリア画像で見かけたことがある人は多いのではないでしょうか。

 

モビールとは

 

Flensted Moilesとは

1953年、創立者のクリスチャン・フレンステッドが娘の洗礼命名式を祝うために、3羽のコウノトリを模したモビールと2本のストローで、初めてのモビール製作したことがメーカー立ち上げの始まりとなる。 1954年にモビールメーカー、フレンステッドモビールを設立。 美しいバランスと愛のあるモチーフ、生活に彩りを添えるユニークな作品が話題を呼び、世界中で知られるモビールメーカーとなる。 日々の暮らしは時代の変化によって忙しくなり、とてもスピーディに生活を送ることが一般的となっている。モビールをのんびりと眺めることで、夕暮れの様子を眺める時のような心の休まる時間や、安らかに過ごす時間を持ってもらいたいとの想いが、フレンステッドモビールの製作コンセプトである。

 

モビールとは、

装飾的で,時にユーモラスに想像力を芸術的にデザインされたもの。
一点で支えられ、針金と糸で吊るされ、様々な素材でいろいろな形に作り上げられたもの。

芸術的なモビールの「父」がアメリカ人で芸術家であり彫刻家であったアレクサンダー カルダー(1898-1976)。

 

モビール発祥の地デンマークでは、こんな迷信もあります。

 

邪悪な心を持った人が部屋に入るとモビールの動きが止まるので泥棒たちを寄せ付けない、

赤ちゃんのゆりかごの上に吊るすと悪魔の目から守られ落ち着きを与えてくれる、

として広く信じられてきたようです。

 

フランステッドバルーンモビール

 

人が空気の流れを感じていなくても、

モビールは動きを止めることなく、ずっと動いています。

 

とくにこのバルーンモビールは、

風をとらえやすい形状なので、

くるくる回りながらよく動きます。

 

育児マストアイテム

 

バルーンモビールには、

長男の育児中にとってもお世話になりました。

 

生後3ヶ月までは、

よく泣いて、抱っこしても泣き続ける長男に途方に暮れる日々を送っていました。

 

”赤ちゃんが泣き止む〇〇”というのを検索しては試すの繰り返しでしたが、

これといって効果があるものは見つからず、

ノリノリの音楽や童謡の替え歌を歌ったりして、

気分を変えながら泣き止むまで待つような毎日。

 

そんなある日、

長男を抱っこしながら、

バルーンモビールに息を吹きかけたところ、

ピタっと泣き止んだのです!

 

不思議な動きをするモビールに、

長男の目が釘付けの様子。

 

でも動きがゆっくりになると、

また泣き出すので、

ひたすら息を吹きかけ続けます。

 

だんだん疲れてきたので、

うちわでパタパタ。

 

腕が限界までモビールをあおぎ続け、

このために送風機を買おうか本気で悩みました。

 

今となっては懐かしい思い出ですが、

このモビールを見るたびに、

あの時の状況を思い出します。

 

初めての子育てで、

我が子を泣き止ませることに必死になっていました。

 

もしかしたら、

育児アイテムで1番役に立った、

というより助けられたのは、このモビールかもしれない。

 

今でももちろん役に立ってます♩

 

息子たちがリビングで寝転びながらボーっと眺めていたり、

夫がおもいっきり息を吹きかけて、乱れるモビールを見て息子たちは爆笑していたり…

 

まだまだ活躍してくれそうです。

 

息子たちがお昼寝をしなくなったら、

隣の部屋のキッズスペースに移動させる予定。

 

その後はいつかの子供部屋に飾ろうかな?

 

いつの日か息子たちが巣立っても、

このモビールは手放さないかもしれない…

 

それほど思い出深いアイテム。

 

 

あともう一つ。

 

キッチンカウンターの上にもモビールがあります。

 

フランステッドバイキングモビール

 

これもFlensted Mobilesのもの。

「Viking 3」

size:w250mm / h350mm

5つタイプもあります.size:w270 / h650

 

 

海賊船をモチーフにしたモビールで、

チーク材でできています。

 

船の形が好きなので、私好み♩

 

しかし、

キッチンに近い場所なので、

油汚れが…

 

近々場所を変える予定。

 

最後に

 

Flensted Mobilesは、

子供向けの可愛らしいモビールから、

大人向けのモダンなモビールまで幅広くあるので、

どんなテイストのインテリアにも合わせやすいモビールがあります。

 

長男のメリー用に購入したモビールが、

こんなに長く活躍してくれるとは思ってもみませんでした。

 

このモビールを見るたびに、

初めての子育てに翻弄されていたあの頃の自分を懐かしみながら、

わが家に飾られ続けるでしょう♩

 

 

www.scope.ne.jp

 

www.scope.ne.jp

 

 

www.codomotosumu1ldk.com

 

www.codomotosumu1ldk.com

 

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com