子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

梶の葉

明日は七夕の日。

今年の笹飾りは、ちょっと趣向を変えてみました。

 

題して、「梶の葉に願いをこめて」

 

梶の葉とは、

 

梶の葉
新宿御苑HPより画像をお借りしました.新宿御苑園内の「母と子の森」にはカジノキが約70本植栽されています.

 

梶の木(カジノキ)とは 

本州中南部から九州にかけて自生するクワの仲間。同類のコウゾ、ヒメコウゾとともに樹皮が和紙や縄、布等の材料になるため各地で栽培され、後に各地で野生化した。神に捧げる木として境内に植えられたり、七夕飾りの短冊として宮中で使われたりと神事との関連が深い。ワ科らしく、葉の形にバリエーションがあるのが大きな特徴で、一本の木の中で、ハート型のもの、3つに裂けるもの、5つに裂けるものなどがあり、一部の葉を見ただけでは判別しにくい。葉は毛で覆われ、触るとザラザラする。

カジノキ 庭木図鑑 植木ペディアHPより引用

 

梶の葉に願い事をしたためる

 

七夕といえば、短冊に願い事を書いて、七夕飾りと一緒に笹の葉に飾ります。

 

今では当たり前になっている、短冊に願い事を書くという風習ですが、実は梶(かじ)の葉に願い事を書いたことが始まりだったのだとか。

 

平安時代の和歌集にこんな歌があります。

「あまの川 とわたる舟の 梶の葉に 思うことをも 書きつくるかな」

(上総乳母「後拾遺和歌集」) 

 

里芋にたまった夜露で磨った墨で、梶の葉に歌をしたためて、芸事の上達や恋の成就を願ったといいます。

「天の川を渡る船の楫(かじ)となって願いが叶えられる」と信じられ、平安時代の貴族たちは、梶の葉の裏に願い事を書いて川に流していたようです。

梶の葉の裏側は、小さな毛で覆われているため書きやすいのだとか。

江戸時代には、七夕の前夜に梶の葉売りが歩きまわったようですよ。

 

笹を飾りました

 

近所の花屋さんで、笹を購入しました。

1本200円。

某フラワーショップよりお安く購入できるので、毎年笹の購入は近所の花屋さんと決めています。

 

しかも、1本200円のところを、1本サービスしてくれて、200円で2本も購入できました♩

近所の花屋さんでは、こういうことたまにあります^^

 

丈も私の身長ほどもあって見応えあり♩

長男が嬉しそうに運んでくれました^^

こういうお手伝いはとくに率先してやってくれる子どもたち^^

 

家に帰るなり、早速リビングに飾りました。

 

リビングの本棚の上に笹飾り

 

こんなふうに、子供たちの餌食にならないよう、手の届かない場所に^^;

 

ちなみに設置方法は、壁にマスキングテープで養生した上に、コードフックを両面テープで貼り付けて、明な糸で笹を吊り下げています。(フックは2か所)

これなら、壁を傷つけたくない賃貸でも大丈夫。

 

笹の葉が枯れてカサカサに

 

しかし、この日の夜には笹の葉が丸まってカサカサに^^;

あの瑞々しかった緑色の笹は一瞬でした。

まぁ、毎年のことなのでわかっていたこととはいえ、やはりテンションが下がりますよね^^;

 

笹の葉が枯れない方法として、酢水につける、濡れた新聞新に包む、などの裏技があるようですが、わが家ではどれも難しそう^^;

笹を購入した際も一応聞いてはみましたが、葉が枯れない方法はないと言われました。

ここは潔く諦めて、枯れた笹を楽しみたいと思います。

 

梶の葉で笹を緑に彩る

 

茶色く枯れた笹を、緑色で彩ることに。

 

画用紙で梶の葉作り

 

画用紙で梶の葉を作りました。

でも、梶の葉だけでは寂しいので、梶の葉飾りも♩

 

手作り梶の葉飾り

 

梶の葉飾りとは、平安時代に実際にあったもので、五色の布を吹き流しに見立て、梶の葉で結ぶ「夏詣の五色吹き流し」が、宮中の七夕飾りとして飾られていたようです。

 

梶の葉飾りは、こちらを参考に。

 

f:id:cotosumu:20190706135118j:plain

(出版社エクスプランテより画像をお借りしました。)

新刊「紙あそび歳時記 日本の行事」七夕のもんきりあそび

 

でも、梶の葉と吹き流しだけでは寂しいので、こんな飾りも作ってみた^^

 

スイカの七夕飾り

 

スイカ♩

 

スイカの七夕飾りには、豊作を願うという意味があります。

江戸時代から、七夕行事のお供え物として、季節の野菜や果物をお供えし、その年の豊作を願ったそうです。

 

話は戻り、スイカなら1歳の次男も理解しているので、一緒に飾り作りのお手伝いができる^^

子どもたちには、クレヨンでスイカの種を描いてもらいました。

 

スイカの種を描く次男

  

”コンコンコン”とスイカの種を描く、というか叩きつけてる次男^^

 

スイカの種を描く長男

 

さすが長男!と言いたいところですが、長男もテンテンテンですね^^

 

子供用に大きな梶の葉

  

願い事も書いてもらうために、子ども用に大きな梶の葉も用意。

 

梶の葉に願い事を書く

 

うん、願い事は私が代筆しておきます^^

 

さて、いよいよこの飾りたちを飾り付け。

一体どうなるんだろうか?

新しい試みに、私も想像できていないけれど^^;

 

笹飾りが完成

 

なんとも可愛らしい笹飾りができあがりました^^;

笹飾りに見えないかな^^;

 

笹飾りを眺める兄弟

 

でも子どもたちは、嬉しそうに眺めてる♩

 

最後に

 

まだ七夕の意味を理解できない小さな子どもには、こういう笹飾りもいいかもしれない^^

梶の葉とスイカ飾りに、楽しそうに描いてくれたから^^

枯れた笹のおかげで、短冊の始まりを知ることができ、七夕飾りの幅が広がりました。

 

大人の空間には、こういう梶の葉飾りが好みだなー。

 

wa-foryou.shop-pro.jp

 

とっても素敵だけど、お値段も素敵すぎて手が出せません^^;

いつか大人の空間が満喫できる日がくるまで、楽しみにとっておくことにします。

 

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com