子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

新年のご挨拶

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願い致します♩

新年早々、今年ものんびりペースなブログになりそうですが…^^;

  

さて、わが家で静かに新年を迎えましたが、ここ数年は大晦日も子どもと一緒に寝落ちしていてカウントダウンらしいことをしていなかったけれど、今回は久しぶりにジャニーズの年越しライブでも見て夜更かししよう♩なんて楽しみにしていたけれど、気付いたら朝でした^^;

年が明け、今日こそはお正月番組でも見て夜更かししよう!と意気込んでいたけれど、気付くとまた朝でした^^;

結局、お正月番組を何一つ見ることなく過ぎ去り、ただでさえ例年のような年末年始らしさがないうえに、さらにいつもと変わらない日々を過ごしたのでした^^;

そして気付けばもう7日。

寝てばかりいられないですね^^;笑

 

わが家のお節

お煮しめとお雑煮だけ作りました♩すべて揃う前にパシャリ^^;

 

運試し

 

中川政七商店のおみくじ付き干支飾り

まだ初詣に行っていないので、おみくじ付きの干支飾りで運試し♩

長男は白を選び、残った黒は次男。

またしても残り物には福がありました^^

今年は人混みを避けて落ち着いた頃に初詣に行く予定です♩

 

暮らしに愉しみを

 

2021年のカレンダー

2021年のデスク用カレンダーも昨年と同様、美術家の保手濱拓さんのもの♩

 

保手濱拓さんのカレンダー

”毎月、小さな絵を飾るように描いた絵を暮らしの中で愉しんでほしい”という思いからつくられたカレンダー。

今年も好みの絵ばかり♩

毎月めくるのが楽しみ^^

 

季節ごとに絵を楽しむ暮らしって素敵だけどハードルが高いし、手が届かないアートでもカレンダーだと気軽に飾れる^^

とくに今は、昨年から引き続き思うように行きたいところに行けない状況が続いているので、家に居ながらでも楽しみが増えるっていいこと。

このカレンダーのように小さな変化でも暮らしがぐっと豊かになる♩

 

凧揚げ

 

凧揚げ

風が弱くて苦戦したけど、高く上がると気持ちいい♩

一方、ポケットカイトで遊ぶ次男はなかなか上がらずひたすら走っていました^^;

暴走しがちな3歳の次男にはこれぐらいがちょうどいいかもしれない^^;

 

サム・アッシャー「かぜのひ」

「かぜのひ」

作:サム・アッシャー 訳:吉上恭太

朝、目がさめると、風がふいていた。外にあそびにいきたいな。おじいちゃんは、たこあげをしようっていうけれど、たこがなかなか見つからない。外ではどんどん風が強くなってきて…?おじいちゃんと風の日を楽しむファンタジックな絵本。

「かぜのひ」徳間書店HPより引用

 

色鮮やかな落ち葉が美しい表紙♩

秋らしい絵本だけど、ファンタジックな凧揚げシーンがクライマックス♩

絵本のように凧と一緒に風に乗れたら楽しいだろうなーと、にんまりしながら眺めてしまう^^

サム・アッシャーの描く世界や絵が好きで、姉妹編の「あめのひ」もお気に入り♩

 

サム・アッシャー「あめのひ」

 ”まっていれば いいことがあるもんだな”

おじいちゃんの言葉もぐっとくる。

 

丑年

 

積み木と木製レールで牧場あそび

牧場あそび。

 

長男が誕生日プレゼントで選んだのが、sikuの家畜トレーラーが付いたミニカー。

3歳の誕生日からはお店で自分で選んでいるけれど、3年連続でsikuをチョイスする長男。

5歳の誕生日は、1年前からsikuの林業用トラクターのスキッダーにすると言っていたけれど、実際に店舗に行って選んだのがなぜか家畜トレーラーだったのでした^^

どうやらシルバーのトレーラーが気に入ったらしい♩

リアルな牛も一頭ついていました^^

 

牛に因んだ絵本

牛に因んだ絵本。

昨秋に「牛の乳搾りをしたい!」と長男が言いだしたので、牧場に行く前に予習で読んだ絵本。

結局、牧場にはまだ行けていないけれど^^;

 

「うし」

詩:内田麟太郎 絵:高畠純

うしがうしろをふりかえったら、うしがいた。そのうしろのうしがうしろをふりかえると、やっぱりうしがいた・・・。どんどんふえて、さて、どうなる?くりかえす言葉が楽しい、ナンセンス絵本。

「うし」アリス館HPより引用

単純にすき!面白い!

子どもたちも笑ってた^^

こういうのすきだなー♩

 

「スモールさんののうじょう」

文・絵:ロイス・レンスキー 訳:渡辺茂男

スモールさんは農場に住んでいます。朝早く、動物たちにえさをやるところから、スモールさんの一日が始まります。お腹をすかせたたくさんの動物たちにえさをやり、ぎゅうにゅうをしぼって、牛たちを牧場につれて行きます。春には牧草地を掘り起こし、夏には牧草を刈ります。秋にはりんごをとって、冬にはたきぎをつくります。春夏秋冬、農場の一日・一年を、丁寧に描き出した絵本です。

「スモールさんののうじょう」福音館書店HPより引用

ちょうど子どもたちの旬の内容で、スモールさんシリーズの中でも1番気に入っていた絵本^^

現在はカラー版になっているけれど、2色刷の旧版の素朴な雰囲気のほうが好み。

「うし」も「スモールさんののうじょう」も色使いがとっても素敵な絵本♩

 

もっとお話ししたい好きな絵本がたくさんあるので、絵本の記録としてまたブログにまとめたいな。

では、今年もゆるーくのんびりペースなブログになりそうですが、お付き合い下さると嬉しいです^^