子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

年末年始

遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。

 

鏡餅と草飾り

 

今回の年末年始も帰省は控え、家でのんびり過ごしたお正月。

いや、まったくのんびりできていない気がする。

家事はそこそこに、部屋の模様替えと子どもの工作にばかり付き合っていたような。

昨夏から少しずつ模様替えをしていて、すでに子どもスペースはガラッと変わって、今はクローゼットの手直し中。

普段なかなか進められないから連休は貴重。

 

工作三昧

 

工作図鑑

 

次から次へと「これ作ろう!」が止まらない長男お気に入りの工作本。

まだ1人で作れるものが少ないから、家事をストップしてほぼ手伝い。

毎日が家事と工作の繰り返しの冬休みだったような気がする^^;

 

ビー玉転がし

ビー玉転がし

 

なかでも私のお気に入りはビー玉転がし。

本とはちょっと違うけれど、ルールを自分で考えたり、細工もバージョンアップしていけるから面白い。

 

紙で作る大トカゲ

 

そして子どもたちのお気に入りは大トカゲ。

チラシと輪ゴムだけでこんなにリアルに作れると思ってなかったからちょっと驚きだったし、子どもたちが大トカゲを愛でる姿が可愛すぎた^^

 

最後に、本のはなし

 

いきものづくしものづくし10

いきものづくし ものづくし 10

世界の美しさ、ふしぎさ、おもしろさがいっぱい!

自然が生み出してきた”いきもの”と、ひとが作り出してきた”もの”の多様性を大画面で見せる全12巻のシリーズ。

10巻は、「さむいとちのいきもの」(田中豊美)、「ゆきのけっしょう」(チカツタケオ)、「いろいろないろのとり」(太田黒摩利)、「うろこのあるいきもの」(梅村有美)、「むかしのどうぐ」(河井いずみ)、「すうじ」(東海林巨樹)、「たたくがっきふるがっき」(山川宗夫)の7テーマです。巻末の封筒に入っている別冊「よんでたのしむ いきものづくし ものづくし」では、各テーマごとに興味を広げる話題を紹介。 

福音館書店HP「いきものづくし ものづくし 10」紹介文より引用

 

全巻欲しい面白さ♩

先日タイミングよく雪が降ったから、ゆきのけっしょうページが大活躍!

形も名前も知らないものばかりで、別冊を読むとさらに面白い♩

別冊だけでも欲しいくらい♩