子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

1LDKのダイニングチェアはウルムスツール

わが家、

4人家族が住む1LDKのリビングダイニングは9畳です.

 

置いてある家具は、

ダイニングテーブル

・ダイニングチェア(今回はこちら)

本棚

子供用机と椅子

 

今回は、

ダイニングチェアについてお話したいと思います.

 

正式には、

ダイニングチェアではなくて、

ダイニングスツールですね.

 

では早速、

こちらがわが家のダイニングスツール.

1LDKダイニングチェアはウルムスツール

1LDKのダイニングチェアはウルムスツール

名前は、ウルムスツール.

 

私と夫が使っています.

こんなふうに

1LDKのダイニングは無印システムデスクとウルムスツール

ウルムスツールはダイニングチェア

ウルムスツール.

 

これ、本当に良い!

 

シンプルに一言ですが、私好みな家具です.

 

理由は、

シンプルさと、一台で何役もこなす多機能性.

 

私の家具選びの重要ポイントです.

 

というか、

小さな家に適した家具ではないかと思います.

 

とはいえ、

ウルムスツールをダイニングチェアとして使い始めて、まだ半年.

なんでもっと早くから使わなかったんだろうと、思うほど気に入っております.

 

というのも、ずっと悩んでいたんです…

 

ダイニングチェア、なにがいいんだろうって.

 

もちろん憧れの椅子はいくつかありますが、

小さな家なので、デザインだけでポンと置けるスペースはありません…

 

ましてや、

ダイニングテーブルならぬ ”デスク” と違和感のない椅子を.

 

そうなると、

必然とシンプルでコンパクトな椅子になるのです.

 

そこでまず候補にあがったのは、

アルネ・ヤコブセンのセブンチェア.

 

説明が不要なほど有名な椅子です.

 

シンプルで機能的.

そして、座り心地も申し分なし.

 

しかし、椅子の幅が50cm...

 

以外と大きいし、名作だけに存在感もある.

小さなわが家にはちょっと違うかも.

 

なかなか答えが見つからないまま時が過ぎ、

やっと出合ったのが、このウルムスツール.

 

見た瞬間、これだ!

 

と、答えが見つかりモヤモヤがすっきりしました.

 

早速、夫にプレゼン.

夫も即納得のいいね!をもらい、

わが家のダイニングチェアになったわけです.

 

実際に使ってみた感想は、

予想を越える使い勝手の良さに日々感動しています.

 

これこそ育児中に最適な椅子です…(笑)

 

なぜって、 

 

食事中もキッチンへ行ったりきたり

 

食べこぼしが多く、まだ補助が必要な3歳の長男と、

偏食なのに食欲旺盛な1歳の次男との食事は、

ゆっくり座って食べることができないのです...

 

そんな時に、

背もたれがないって、こんなにも身軽に動けるんだ!

 

今まで、背もたれがあることでタイムロスしていたんだと気付かされました(笑)

それだけで、ストレスが少しだけ軽減します.

 

さらに、

 

様々な状況にも対応できる

 

次男にご飯をあげてる最中に、

早めに食べ終わった長男からの抱っこ要求にも対応できます.

 

寝ている次男を、おんぶしたまま椅子にも座れます.

 

おんぶしたまま、

長男を膝にのせてお絵描きをしてあげることもできます.

 

 

いつの間にか育児の話になってしまいました...

 

ウルムスツールの良さはここじゃないんです!

 

これは、ただの背もたれなしのスツールのメリットです.

 

とはいえ、

スツールなので、ちょい掛けが基本.

 

ダイニングチェアとは別に

サブとして使われることが多いスツール.

 

しかし、

わが家の現在のライフスタイルには、

スツールがベストなダイニングチェアなのです.

 

私は、日中は食事以外は椅子に座ることはほぼありません.

 

というか、座らせてもらえないんですけどね.

 

夜、子供たちが寝静まってから、

このブログを書くために腰を下ろす程度です.

 

いつか育児が落ち着いた頃に、

ゆっくりと腰を下ろせる背もたれ椅子の1脚でも置けるように、

リノベーションをする予定でいます.

 

でも私は、

ゆっくりと腰を下ろしているよりも、

せかせかと動いているほうが落ち着くタイプなので、

スツールが性に合っているのかもしれません.

 

なので、

このウルムスツールを手放すことはないと思っています.

 

ちなみに夫は、

食事以外はほぼ着座しません.

 

床にどでんと寝転んでいたい派です.

 

なのでスツールで全く支障はないそうです.

 

伝えたいこととは話しがずれてしまったので、

次回は、

本題であるウルムスツールの使い方についてお話したいと思います.

 

codomotosumu1ldk.hatenablog.com