子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

毛布は不要。オールシーズン使える、5重ガーゼケットは秋冬も気持ちいい!赤ちゃんにもおすすめ

ガーゼケットが恋しい季節になりました。

 

え?

もうすぐ10月ですけど?

ガーゼケットの出番はもう過ぎたよ?

 

今更ガーゼケットの話なんてどうでもいいよ...

 

と言わずに少しお付き合いください。

 

私にとってガーゼケットが1番気持ちいい季節は、

夏ではなく、秋。

 

少し肌寒くなってきたかなという時に、

ガーゼケットで全身を包んで寝る心地良さといったら…(´▽`人)

 

育てる、ガーゼケット

 

Fabric Plus5重ガーゼケット


わが家が使っているのは、

Fabric Plusの5重ガーゼケット。

 

f:id:cotosumu:20190925153252p:plain

Fabric Plus(ファブリックプラス)5重ガーゼケット

 

「ガーゼケットってどんなもの?」

 

・寝汗を忘れちゃう?ものすごい吸いの良さ、乾きの良さ。

 ガーゼはすぐに汗を吸い取り、速乾性に優れているため寝起きでも素肌にサラサラ。

 べっとりとした感覚を残しにくいので気持ちのいい睡眠を楽しんで頂けます。

 

・包まっているのに蒸れない!優しい風が通る絶妙な5枚重ね

 ガーゼが風を優しく素肌まで届けてくれます。

 重なるガーゼの間に体温をため、寝冷えしにくい絶妙な温かさと涼しさ。

 夏でも包まりたくなる気持ち良さです。

 

・使うほど柔らかく育つガーゼ。

 使い込んでいくうちにどんどん素肌に馴染み、心地よく体に沿ってくれます。

 

いいこと尽くめのガーゼ素材。

 

わが家のファブリックはほぼガーゼ素材というほど、

ガーゼの良さを教えてくれたのが、このガーゼケットでした。

 

ガーゼは育てるもの、といいます。

 

 

5年育てたふわとろガーゼケット

 

ソフトクリームのような滑らかな曲線。

 

ふんわり、とろけるような肌触り。

 

わが家が5年育てたガーゼケットは、

こんなに、ふわとろ♩に育ちました。

 

まだ数回しか使っていないガーゼケットと比べてみると、

 

まだ張りが残るガーゼケット

 

 まだ張りが残り、ふわとろには育っていません。

 

これは、ベビープチサイズ(50cm / 70cm)のとっても小さな5重ガーゼケット。

でも商品ページが見つけられなかったので、もしかすると今は取り扱ってないかもしれません。

 

洗えば洗うほど、使えば使うほど、

ふんわりと滑らかな肌触りになるなんて、

もう毛布には戻れません。

 

オールシーズン使えるから、毛布は不要

 

わが家には毛布がありません。

 

春・夏・秋は、ガーゼケット1枚、

冬はガーゼケットと羽毛布団で寝ています。

 

ガーゼケットは1年中使っているので、

収納スペースの必要もなし。

 

だから、寝具の収納スペースは羽毛布団だけしかいらないのです。

 

オールシーズン使えるガーゼケットを選んだ理由は、これがきっかけ。

 

なにせ小さな1LDKの家なので、

寝具の収納場所はできるだけ省スペースに抑えたいから、

毛布を持たなくていいのは大きなメリット。

 

それにガーゼケットの気持ちよさを知ってしまったから、

もう毛布には戻れない…

  

肝心の寒さですが、 

5年間毛布なしで寒くて困ったことはありません。

 

これは居住地域や建物構造によって異なるかな。

わが家は関東圏でマンション住まいです。

 

保温力が優れているから冬でも暖かい

  

多層ガーゼケットの魅力は、

通気性、吸湿性、保温性に優れていること。

 

夏は通気性や吸湿性を高めて涼しく、

冬は適度な保温性が暖かくしてくれます。

 

重ね合わせた生地の間に空気を多く含むことで、

ほどよい通気性と保温性を生み出し温度調節を可能にしてくれるから、

適度な保温力が保たれ、寝冷えから体を守ってくれます。

 

この空気層はほかの寝具と組み合わせると保温性がさらに向上するのだとか。

 

わが家では羽毛布団の内側にガーゼケットを使っているけれど、

保温性が増して暖かく、通気性があるおかげでムレ防止にもなっています。

 

赤ちゃんや敏感肌にも安心

 

赤ちゃんが口に含んでも安全なエコテックス100の認証タグがついています。

 

赤ちゃんや敏感肌に安心安全なエコテックス認証

 

エコテックス規格とは、

人体に有害な物質を使わない製品につけられ、

原料から全加工段階に適用される世界的に統一された規格です。

 

その中でも、敏感肌の人や、なんでも口に含んでしまう赤ちゃんでも安心安全に使える事を想定した基準をクリアしていると証明してくれるものです。

  

でもね、

赤ちゃんは手が届くものなんでも舐めちゃうから、

キリがないといえばそれまでだけど、

ないよりはあったほうが安心できる♩

 

ベビーサイズがあるから便利

 

わが家が使っているガーゼケットは4枚。

 

大人用に、シングルサイズ (140cm / 190cm)が2枚、

子供用に、ベビーサイズ (100cm / 140cm)が2枚。

 

item.rakuten.co.jp

大人用もベビー用も色によっては入荷待ちがあるけど、順次生産中のようです。

 

ベビーサイズがあるのはありがたい。

 

ベビーサイズといっても、

幼稚園児でも十分包まれるサイズだし、

小学生になっても使えるんじゃないかな?

 

カラーは淡いピンクや黄色、水色と、

赤ちゃん向けのカラーだけど、

大人と同じナチュラルアイボリーも選べます。

 

サイズは違うけれど、色が統一できるのはいい!

 

大人用と子供用のガーゼケット

 

色が揃っていると、やっぱりスッキリする♩

 

ちなみに、

ベビーサイズには可愛らしいタグがついています。

 

ベビーサイズには可愛らしいタグ

 

大人用には黒いタグがついているのだけど、取り外しました。

 

わが家の寝具は白とアイボリーで統一されているから、黒いタグの主張が強くて…

 

最後に

 

9月でもまだまだ暑いわが家の寝室。

 

夫はいまだにガーゼケットすら掛けず、

子供たちは寝相が悪いからガーゼのスリーパーを着て寝ています。

 

10月過ぎる頃には、

ガーゼケット1枚がちょうどいい気温になるかな?

 

わが家は、これからがガーゼケットの季節♩

 

ガーゼケットがこんなにも気持ちいいものだったのかと、

わが家の寝具に欠かせないアイテムとなったガーゼケットのお話でした。

 

次回は、ガーゼつながりで、ガーゼバスタオルのお話を。

 

 

Fabric Plusのガーゼハンカチもおすすめ♩

 

item.rakuten.co.jp

 

 新生児から大活躍するガーゼハンカチもFabric Plusのものを使っていました。

 

縁取りがホワイトでほつれもなく、

ふんわりとした肌触りがお気に入り♩

 

それにガーゼケット同様、こちらもエコテックス認証だから安心。

 

 

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com