子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

子供が1人で身支度できる環境は動線が大事

前回からの続きです.

 

www.codomotosumu1ldk.com

 

今春から幼稚園に通いだした長男の、

幼稚園身支度コーナーを作りました.

 

幼稚園身支度コーナー

(左から巾着袋、かばん、帽子) ※かばんと帽子は休日用です.

 

今回は、

幼稚園の身支度をして、

家を出発するまで帰宅した後の、

長男の行動を動線にまとめてみます. 

  

身支度から出発までの流れ

 

私「幼稚園行くよ~」

 

長男の行動

 

 ① クローゼットに行く

 

 ② 靴下とハンカチを持って、身支度コーナーに行く

 

 ③ 身支度コーナーで、

  ・ハンカチと巾着袋をかばんに入れる

  ・靴下を履く

  ・かばんを背負って、帽子をかぶる

  ・身支度コーナーが空っぽになっていることを親子で確認

 

 ④ 玄関で靴を履いて、出発!

 

「行ってきま~す」

 

以上です.

 

無駄のない動線で身支度がスムーズ!

 

長男の行動を動線で見ると ↓

 

間取図で見る幼稚園身支度の動線

 

登園前はプレールームで遊んでいるので、

隣接するクローゼットに移動もしやすく、

ハンカチと靴下を持って、

身支度コーナーまで移動し、

 

玄関にたどり着くまで、

歩きながら自然と身支度が済んでしまいます.

 

そして、

身支度をしながらトイレも済ませます.

 

身支度コーナーの向かいの壁には、

アウター掛けや、

レインコートが収納されているので、

天候によっては、

かばんを背負う前にアウターも着れて、

その場でレインコートも着れます.

 

1か所で完結するので、

とっても楽ちん!

 

動線に無駄がありません.

 

帰宅した後の流れ

 

「ただいま~」

 

長男の行動

 

 ① 玄関で靴を脱ぐ

 

 ② 身支度コーナーで、

  ・帽子とかばんをフックに掛ける

  ・かばんの中から、ハンカチと巾着袋プリント類や作品を出す

  ・巾着袋をフックに掛ける

  ・プリント類や作品は私に手渡しする

 

 ③ ハンカチを持って隣の洗面脱衣室に移動

  ・ハンカチを洗濯かごに入れる

  ・服と靴下を脱いで洗濯かごに入れる

  ・手洗いうがいをする

 

 ④ クローゼットに行き、新しい服を着る

 

以上です.

 

身支度コーナーと水廻りのセットが便利!

 

長男の行動を動線で見ると ↓

 

間取図で見る幼稚園身支度の動線

 

身支度コーナーに洗面脱衣室が隣接しているので、

ハンカチや汚れた服を洗濯かごに入れる動作がとってもスムーズです.

 

そのまま手洗いうがいもするので、

持ち帰ったものや体の泥汚れを身支度コーナー付近で落としきってから、

リビングダイニングや居室に移動できます.

 

それも無理なく自然な流れで.

 

身支度コーナーと水廻りがセットであること.

 

これがとっても便利です.

 

一か所に集中させることでストレスフリー

 

疲れて帰ってきた時の着替えや、

身につけていたものを元の場所に戻す作業って、

大人でも面倒臭いものです.

 

ましてや、

まだ慣れていない環境で、

1日頑張って帰ってきた時は、

すぐにゴロ~ンってしたいはず.

 

わが家の長男は、

まだ体力が足りなく、

帰宅後は必ずお昼寝をします.

 

ですから、

そんな状況で、

 

「あれはこっち、それはあっち」

「脱いで~、洗って~」

 

ってなるべく言いたくないのです.

 

ほとんど移動せずに、

ほぼ一か所で片付けと脱衣が済ませられることは、

親も子もストレスフリーです.

 

1人で身支度できる環境は動線が大事

 

わが家は小さな1LDKなので、

おのずと行動がミニマルになるのですが、

 

身支度コーナーを、

クローゼットやプレイルームではなく、

水廻りの中心壁に設置したことがとても便利でした.

 

子供のモノが目につきやすい位置にあると、

スッキリとした空間も雑然と見えることがありますが、

 

子供が1人でスムーズに身支度ができるのであれば、

多少雑然としていても気になりません.

 

ここの壁は、

リビングダイニングにいても視界に入りにくく、

玄関から見たときも死角になるので、

案外気にならないです.

 

使いやすいのに、見えにくい!

 

これは住空間においてとっても大事なこと.

 

とくに小さな家では.

 

限られた空間なので、

なるべくスッキリとさせたい!

でも使いやすさも大事!

 

ここのせめぎ合いでいつも試行錯誤するのですが、

上手くおさまった時は爽快です.

 

最後に

 

身支度コーナーを設ける場合は、

それなりの空間が必要になりますが、

家を出るまでと帰宅後の子供の行動動線を想像しながら、

子供目線で作ってみると、

身支度がよりスムーズになるかもしれません♪

 

www.codomotosumu1ldk.com