子どもと住む1LDK

43平米の1LDKマンションに夫と息子2人の4人家族で住んでいます.

セミの抜け殻

私 「セミの抜け殻どうする?」

長男「持って帰る!」

 

先日、私の田舎に帰省してきました。

田んぼと畑に囲まれた自然豊かな場所なので、生き物採集の宝庫^^;

 

息子たちと、虫かごと虫あみを持って散策し、様々な虫たち、ザリガニや魚などの水の生き物を捕まえて、これぞ、田舎の夏休み!という遊びを満喫してきたわけですが、長男が一番夢中になっていたのは、セミの抜け殻集め。

 

怖がりな長男は、激しい動きをする虫を触ることができず、あみの中で暴れる虫たちに逃げ腰^^;

 

そんな長男が1番楽しそうに探していたのが、セミの抜け殻♩

 

セミの抜け殻集め

 

長男「あった!」

 

宝物探しのようで、楽しいよね^^

いつの間にか大人も夢中に^^

 

そして、集めたセミの抜け殻は、

 

集めたセミの抜け殻は53個

 

53個。

 

小一時間でこんなにたくさん。

これだけ集められて大満足な長男♩

 

さて、田舎で集めたセミの抜け殻、置いていく?持って帰る?

 

長男「持って帰る!」

だよね^^;

  

虫かごとセミの抜け殻も一緒に、新幹線で帰ってきました。

 

でも、 持って帰ってきたはいいけれど、こんなにたくさんのセミの抜け殻どうする?

 

虫かごに入れたまま家の中に置いておくのはちょっと^^;

それに虫沸いたりしないかな?^^;

そんな心配をしつつも、せっかくこんなに集めてきたのだから、なにか楽しめることないかな?

 

そもそも私は虫が苦手で、抜け殻でさえもできれば触りたくない^^;

でも、それを子供に悟られないよう、ノリノリで虫探しをしているのですが、私も含め、長男もセミの生態に少しでも興味が沸けばと思い、こんな遊びをしてみました。

 

抜け殻からセミの種類を見分ける

 

www.kodomonokuni.org

 

毎年、こどもの国では、「セミのぬけがら調査」というイベントがあるようです。

こちらを参考に、集めた抜け殻からセミの種類を見分けることにしました。

 

 

1.大きいものと小さいものを分ける

 

まずは、全長26mm以上あるかないかで、大きいものと小さいものに分けるようです。

 

大きいものと小さいものを分ける

  

赤い太線が26mm。

 

すると、

 

大きいものと小さいものを分けた結果

 

集めたセミの抜け殻は、ほとんどが、26mm以上でした。

 

大きいもの:クマゼミ、ミンミンゼミ、アブラゼミ

小さいもの:ヒグラシ、ツクツクボウシ、ニイニイゼミ

に分けられるようです.

参考HP「こどもの国」で確認できるセミの種類はこれだけなのでこの6種類。また自然のものなので大きさには例外あり。

 

ちなみに、セミは、カメムシ目に含まれ、カメムシとアメンボと同じ仲間に分類されるようで、日本には約30種類ものセミがいるのだとか。

そんなにいることにびっくり!

そもそもセミについて調べたのすら初めて^^;

 

話は戻り、集めた抜け殻のうち、小さいものは4つだけでした。

たぶん全部ヒグラシだと思う。

ニイニイゼミは全体に泥がついていて、ツクツクボウシは背中が平たくてツヤがないので、小さいものは見分けるのが簡単なようです。

  

2.クマゼミとアブラゼミ、ミンミンゼミを見分ける

 

クマゼミの抜け殻には、脚が生えている真ん中部分に、おへそのような出っ張りがあるのだとか。

 

おへそのような出っ張りがあるかないか

左:ある 右:なし

 

左は、クマゼミ?

右は、アブラゼミかミンミンゼミ

 

また、クマゼミは、アブラゼミやミンミンゼミと比べると、大きく背中が盛り上がっているとのこと。

 

セミの抜け殻3種を比較

左:ヒグラシ 真ん中:アブラゼミかミンミンゼミ 右:クマゼミ?

 

右は真ん中に比べると、背中が大きく盛り上がっているので、クマゼミ?

 

でも、クマゼミは温暖な気候を好み、関東から沖縄にかけて分布しているらしく、採集したのは東北だったけれどクマゼミで合っているのかな?

 

しかし近年は、温暖化にともないクマゼミの生息も北上してきているのだとか?

東北ではアブラゼミが多く、他にはヒグラシやミンミンゼミ、エゾゼミ、エゾハルゼミ、ニイニイゼミなど。

 

ん?

エゾゼミ?エゾハルゼミ?

知らない名前が出てきた^^;

画像で見るとなんか背中が盛り上がってるような?

うーん、ますますわからなくなってきた^^;

 

でも、クマゼミの特徴でもある、おへそのような出っ張りがあるけれど、これは出っ張りじゃないのかな?

 

ちなみに、クマゼミの泣き声は、シャーシャーシャー・・・(音声で聞いてみる)

 

うーん、聞いたことあるような気もするけど。

 

結局、わかりませんでした^^;

 

クマゼミについては、いつかの子どもたちの自由研究ネタとして調べてもらうとして、

今回はお手上げです^^;

もし判別ができる方がいましたら、ぜひ教えてください♩ 

 

3.アブラゼミとミンミンゼミを見分ける

 

どうやら、アブラゼミとミンミンゼミを見分けるのが難しいらしい。

 

この2種類はとてもよく似ていて、基本的に触覚の太さや長さで見分けるようです。

 

が、集めてきた抜け殻には、触覚がほぼありませんでした^^;

息子たちが虫かごに入れてシャカシャカ振ったり、移動中の衝撃で触覚がなくなったみたい^^;

 

なので、アブラゼミとミンミンゼミは見分けできず。

これまたすっきりしない^^;

 

結果は、ヒグラシが4匹、残りはクマゼミ?とアブラ・ミンミンゼミ?が半々ぐらいでした。

 

?ばかりで結果と言えない気もするが、これはこれで楽しませてもらいました^^

 

セミの抜け殻を飾りながら収納する

 

さて、セミの種類分けをして少しはセミに興味が沸いたところで、53個ものセミの抜け殻どうしましょ?

 

長男にこんな提案をしてみました。

 

種類が判別できた?3種類(ヒグラシ、クマゼミ?、アブラ・ミンミンゼミ)を、各1個ずつだけを残して、残りは処分してしまうのはどうか?

 

長男「全部いる!」

 

意外な返答^^;

長男はわりとあっさりしている性格なので、3個だけあれば納得するかと思ったけれど、そうじゃないみたい^^;

 

でもね、抜け殻をそこら辺に置いておくと、全部粉々にされる危険が…

 

長男と抜け殻を見分けている最中に、バリバリバリという音が・・・

 

隣で抜け殻を次々と潰している1歳の次男^^;

 

このままでは全部潰されるのは時間の問題^^;

 

次男の手が届きにくく、開けにくい箱状で、且つセミの抜け殻が見やすいようなものはないかな?と考えたところ、こんなふうに収納しながら飾ってあげることに。 

 

IKEAグルンドタールマグネットケースにセミの抜け殻収納

 

セミの抜け殻をマグネットケース入れて、子どもたちの作品を飾るスペースにディスプレイ。

 

これなら、長男だけが手に取って開けることができるし、よーく見えるでしょ?

 

ちなみにマグネットケースは、IKEAのグルンドタール。

 

www.ikea.com

 

スパイスや小物入れに使うことが多いマグネットケースだけど、セミの抜け殻を収納するのにちょうどよかった^^

 

でも全部は入りきらなかったけど、長男はこの方法に満足したようで、これだけあればいいと納得してくれました。

適当な箱に詰め込んで、ベランダに放置されてしまうより、こっちのほうがいいよね。

 

できれば、防虫剤や乾燥材も入れたいところだけど、小さな子どもが扱うものだから入れることはできず。

 

きっと寒い季節になる頃には、セミの抜け殻熱も冷めているんじゃないかな?

と願いたい^^;

 

もし長期的に保存するならば、ほかの方法を検討しよう^^;

 

最後に 

 

それにしても、セミの抜け殻でさえ触るのを拒んでいた私が、これだけ触って観察できたことが大きな進歩^^

今までセミの抜け殻をこんなにまじまじと見ることもなければ、見ようともしてこなかったから。

 

でもセミの抜け殻なんて序の口なんだろうな。

この先、どんな虫たちと触れ合うきっかけをもらえるのか、息子たちの成長が楽しみです^^;

 

追記(2020/3)

セミの抜け殻をコレクションケースに保管することにしました。

 

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com

 

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com

  

www.codomotosumu1ldk.com 

 

www.codomotosumu1ldk.com